海外wifiレンタルガイド

海外旅行に必須の海外wifiレンタルを徹底比較

*

海外wifiレンタルとは、海外に行ってもインターネットに接続できる
ポケットサイズのwifiルーターをレンタルすることです。

 

海外wifiレンタルは国内で受け取るパターン現地で受け取るパターンがあります。

海外へ出発前に自宅で受け取ることもできますし、成田や羽田など主要な空港なら海外wifi会社のレンタルカウンターがあるため、その場で機器を受け取り海外へ出発することができます。

 

海外wifi借りるなら事前予約がオススメ

事前予約をしておけば、身分証明書を提示することでwifi機器を受け取ることができるので、手間が掛からないというメリットがあります。

ゴールデンウィーク、年末年始など海外旅行者が多い時期は直前予約だと海外wifiを借りられないこともあります。海外旅行が決まったら早めに予約しておきましょう!

 

日本国内で手配しておけば、現地に着いてすぐに使用できるのも嬉しいポイントです。

 

海外wifiをレンタルすべき人とは

海外wifiレンタルを利用したほうがいい人とは、ずばり海外旅行が初めての人もしくは初心者です。

その中でも英語や現地の言葉に自信のない人は特にレンタルをおすすめします。

 

海外に滞在中は慣れない土地ということもあって、思いの外知りたいことや疑問に思うことが多く発生します。具体的には、「あのお店への道順がわからない」という時に地図アプリを見たり、「店員さんに聞きたいことがある」というときには翻訳アプリを使うことなどが考えられるのです。

 

そんな時にwifiをレンタルしておけばいつでも自由にネットに繋ぐことができて、安心というわけです。
海外に不慣れな人は、転ばぬ先の杖としてwifiレンタルを検討することをおすすめします。

 

逆に、海外wifiが不要な人ってどんなケース?

日本人が大好きなハワイなんかは不要と感じるケースも

何度もハワイに旅行に来ていてある程度ハワイの地理や知識がある人は、
現地でwifiレンタルしなくてもOKかもしれません。

というのも、ハワイとくにオアフ島では多くのレストランやショッピングセンターに無料で使えるフリーwifiがあるからなんです。

フリーwifiはその場所に行って、パスワードを入力するだけで利用可能なので多くの旅行者に利用されています。

 

ちょっと調べものがしたい」程度の利用頻度の人なら、
フリーwifiスポットを上手く利用してみるのも1つの方法です。

 

海外wifiレンタルのデメリットは!?

デメリットとしては、海外wifiレンタルは電波の届く距離が広範囲ではないため、ルーターを常に身近に置いておかなければいけないことが挙げられます。

 

これは日本で一般的に使用しているスマホと違い、スマホ本体が電波を受信してるわではなく、ルーターが電波を拾っているためです。

 

また、一日で使用できる通信容量が決まっているため、海外旅行でたくたんの写真を撮影してそれをすぐにSNSへアップしたい方は、大容量プラン海外wifiをレンタルを申し込みすることをおすすめします。

 

疲れて帰国した際も、空港に設置されている返却ボックスに入れるだけなので簡単です。
もし返却を忘れてしまっても、宅配便で返却することができるので安心です。

 

レンタルプランには複数の種類があるので、自分にぴったりなプランを選択して、便利でお得に楽しみましょう。

 

海外wifiレンタル比較

海外旅行に出かけて情報を確認するときなどに便利なのが海外で使えるwifiルーターです。

携帯電話会社の海外ローミングという手もありますが、
実は料金がとても高くなってしまうことがあります

 

何も気にせず使っちゃうと帰国して請求書が来てビックリ!なんてことがあるかもしれません。

 

海外wifiは料金が定額プランで、設定も簡単に使いやすいものが多いです。
海外に行かれる時は、ぜひ一度利用の検討をおすすめします。

 

海外wifiレンタル会社はいくつもある

海外のwifiモバイルルーターの貸し出しを行っている会社はたくさんあります。

 

いくつかプランを比較検討してから申し込むことをおすすめします。
会社によってプランも様々なので、抑えておきたいポイントをチェックして自分にぴったりのプランを選びましょう。

 

海外wifiレンタルのチェックポイント

まずは、利用料金を確認しましょう。

3G 250MB/日」「4G 500MB/日」などのプラン表記が一般的です。
3G、4Gが「速度」、250MB/日が「1日あたりの利用量」を表します。

Twitterや地図を見る程度であれば、速度の少し遅い3Gでも問題ないですし、
日本と同じような速度を体感したければ4Gのプランがおすすめです。

 

1日の通信量上限は、渡航する先によると思いますが、
滞在するホテルや街中のwifi環境を期待できる国であれば250MB程度でも困ることはあまりありません。

 

逆に、街を離れての観光に出かけることが多い時や、
ホテルのwifiなどが期待できない国などは500MBあると安心ですね。

 

ちなみに定額プランではありますが、「使い放題」ではありません。

 

ほとんどの会社で1日の通信量を超えると、速度制限がかかりますので注意しましょう。

 

機器の受取と返却について

ご自身の料金プランが決まったら、もう一つチェックしておきたいのは受取方法と返却方法です。

送料等かかるケースもあるから注意!

宅配便でしか受け取れないところでレンタルすると、送料がかかったり、
旅行の直前に在宅して受け取る手間が生じたりします。

おすすめは、空港受け取りを実施しているプランを選ぶことです。

 

国内の国際空港で無料で受け取りできる会社は増えてきましたし、
一部の会社では地方の空港にもカウンターを設けているところもあります。

 

宅配便と違って受け取りの際に不明点などあれば概要は説明してもらえますし、
またリピーターであれば不明点だけ確認して、かなりスムーズに受け渡しをしてくれます。

 

また返却も国際空港でカウンターやポストへの返却にも対応しているところを選ぶようにすると、帰国後の返却も手間なく簡単です。

投稿日:

Copyright© 海外wifiレンタルガイド , 2018 AllRights Reserved.