海外wifiレンタルガイド

海外旅行に必須の海外wifiレンタルを徹底比較

設定

海外でのスマホ設定について

更新日:

海外でスマホを利用する際は、
データローミングという機能をオフにしておく必要があります。

そもそもデータローミングとは、

ドコモやソフトバンクなどの各携帯会社の電波が届かない場所に行ってしまった時に、
提携している現地の会社の電波を受け取って通信を可能にさせる機能のことをいいます。

 

普段であれば、この設定をオンにしていれば海外においても通常と変わりなくスマホでネットを利用することができるので便利ですが、海外に行く前に設定をオンの状態のままにしてしまうと、現地に行った際に勝手に回線に繋がって、いつの間にか高額の利用料金を請求されてしまうこともあるので注意が必要です。

 

そのため、初めからオフの状態にしておけばこのような事態にならないで済むので、
事前にチェックして海外に行った時でも安心して利用できるように心がけることが大切になります。

 

特に海外に行くことが多い人は、スマホの設定や注意点をよく理解した上で利用することが重要です。

 

キャリアの海外パケット定額プラン

国内の3大通信キャリアと呼ばれる、docomo、au、ソフトバンクのサービスを使って、
海外でネットやメールを使おうと思ったら、それぞれのパケットプランを利用することができます。

細かな差はあるのですが基本的には3社とも、
1日あたりのパケット定額プランと、1日あたり980円のオプションタイプの2種類のサービスを用意しています。

 

まずは、1日あたりの定額料金サービスについて見て行きます。

 

docomoの海外パケットプラン

Docomoの「海外パケ・ホーダイ」では、利用バイト数が約24.4MB(20万パケット)までなら使用分に応じて1日最大1,980円になります。

24.4MB以上はいくら使っても1日2,980円です。

 

ソフトバンクの海外パケットプラン

ソフトバンクの「海外パケットし放題」では、同様に25MBまでなら1日最大1,980円、
25MB以上ならいくら使っても1日2,980円です。

 

auの海外パケットプラン

auの「海外ダブル定額」も他の2社と同様に、約24.4MBまでは1日最大1,980円、
それ以上はどれだけ使っても1日2,980円です。

 

これらのプランのポイントとして、
月額ではなく「1日あたりの料金」であることを押さえておいて下さい。

 

1日のカウント方法は日本時間

また「1日」のカウント方法は、渡航先の海外の時間ではなく、
日本時間の0時から23時59分までという点にも注意が必要です。

 

1日980円で利用できるオプションサービス

続いて、日本での加入プランのオプションという形で利用できるサービスについて見ていきます。
いずれも料金は1日980円です。

ソフトバンクの「アメリカ放題」は、渡航先の通話とネットが利用し放題になります。ただし、地域がアメリカに限定されており、現地の通信会社の回線を利用する必要があります。それ以外の回線を利用してしまうと有料になります。

 

また、docomoの「パケットパック海外オプション」とauの「世界データ定額」は、自分が日本で加入しているプランのデータ量から、海外で使用する分が引かれるサービスで、開始時間はユーザーが決めることができます。

 

データ容量を使い切ってしまった場合は、追加増量できますが使い過ぎには注意が必要です。

 

※いずれも2018年4月現在の調査内容となっています。

 

-設定

Copyright© 海外wifiレンタルガイド , 2018 AllRights Reserved.