海外wifiレンタルガイド

海外旅行に必須の海外wifiレンタルを徹底比較

クチコミ 海外wifi

グローバルwifiをタイ・バンコクで使ってみた

投稿日:

タイ・バンコクへ2泊4日で行くことになったため、
海外wifiレンタルすることにしました。

やっぱ現地で自由にいつでも使える海外wifiがあれば便利です。

フリーwifiもあるけど電波を気にしながらの使用はストレスも貯まるし
セキュリティの心配もある。だったら日本から海外wifiレンタルして行ったほうが断然便利です。

 

タイ・バンコクのフリーwifi状況

タイバンコクのフリーwifi状況ですが、バンコク市内には無料のwifiスポットがいくつかあります。
空港は無料登録することで利用できます。

登録宿泊ホテルはチェックインの際にID、パスワードが渡されます。
街中でもレストランに設置されている所も多く、大型ショッピングモールなどの建物にいれば何かしらのネット手段は得られる状況です。

ただ、利用時間が1時間までとかエリア限定などの制限がる場合も有りやはり観光中はレンタルwifiの端末があった方が便利です。

特にビジネス出張の場合は急なメール送受信など仕事の効率を考えるとレンタルwifiは必須のアイテムです。

 

今回レンタルしたプラン

渡航先:バンコク
渡航日数:4日間
プラン:タイ 4G LTE 600MB/日 大容量
金額:6372円

プラン内訳
・通信料:4,212円

・オプション:2160円
ライトプラン
モバイルバッテリー:4日間×1台
安心補償パック フル:4日間×1台

補償プランはライトプランを選択
このプランに入っておけば万が一機械を紛失した場合の免責が0円になります。
海外なので、もしものときのために補償プランは入っておくのが良いでしょう。

 

受取り方法は空港or宅配があるけど、空港受け取りを選びました。
何で空港を選んだかというと手数料が安いから。

通常、空港受取りで500円の手数料です。
成田や羽田など主要空港で受取りできます。

成田の受取りカウンターはこんな感じ

タイミングが良かったのか、ほぼ待ち時間ナシでしたが、念のため出発時間まで余裕を持って空港へ行っておくのが良いでしょう、

ちなみに、今回は受取り手数料0円でした。
ホームページ上でキャンペーンをやっていたため、そちらを利用しました。
本来は空港受取りで500円の手数料がかかります。

自宅での受取りだと+で500円の手数料がかかってきます。
合計で1,000円の手数料となります。できれば空港受取りがおすすめです。

 

受取り方法について

受け取りには事前の宅配受け取りと空港カウンターでの手渡しがあります。
時期によりカウンターは込み合う可能性があるため事前に宅配されている方が出発日当日の時間的不安は解消されます。
空港受け取りは当日wifi端末を自宅に忘れることが100%ないため忘れ物の不安が解消されます。

設定自体はそれほど難しくないためどちらが良いということはそれほどありません。

出発まで時間に余裕があれば宅配、急遽出張などの場合はカウンターという感じで使い分ける感じでしょうか。

 

グローバルwifiのホームページ上から申込

申込すると下記のような確認メールが届きます。

申し込み確認メールが届いたら、一応「日程、受取り方法・場所」は確認しておきましょう。もし間違っていたらすぐに連絡しましょう。

 

出発前日に確認メールも届きます。

 

 

無事に成田で受取りしました。

ここで電源いれても当然ながら使えません。
成田では普通に国内の電波使ってギリギリまで情報収集。

取説を読めば使い方は問題ナシです。

取説はこんな感じになってます。
まぁ、慣れてる人なら読む必要ナシ。

はじめての人でも接続方法や注意点など書かれてるので、この指示に従って入力すれば問題ありません。

ポイント

海外でのスマホ利用は余計な電波拾っちゃうと怖いので
機内モードON&モバイルデータ通信OFFにしたほうが良いでしょう。

さすがに最近は海外で勝手に現地電波へ接続されて高額請求されたなんてケースは聞きませんが、数年前までは日本のキャリアが提携している海外電波へ接続されて高額請求されてなんて話を聞いたことあります。

念のため、上記設定にしておきましょう。

現地到着~~。
やっぱタイは暑い・・・

さて、海外wifiレンタルした機器を電源ON。

 

では、実際に接続してみます。

自分のスマホに海外wifiレンタルしたパスワード入力すればOKです。
海外wifi機器の電源はONにしておかないと自動的に接続解除されちゃいます。

 

タイでグローバルwifiを使った感じ

少し厚みはありますがカバンに入れても邪魔にならなず端末を持ち歩いている感じはそれほど感じませんでした。

電波状況はバンコク市内なら全く問題ナシ!
どこで使っていても不自由を感じることはありませんでした。

タイでも田舎のほうだと電波状況が悪いかもしれませんが、バンコク市内で使う分には電波が悪いことはなく、速度も問題なく使うことできます。

 

一番不安なのは充電の残り時間で一回の充電では連続使用は数時間しか持ちません
そのため、オプションでモバイルバッテリーの申込みをオススメします。

出来ればwifi端末用のほかスマホ用にもあるとバッテリーの消費を気にせず使用できます。
実際私は容量の大きいモバイルバッテリー(10000mAh)を持参し、それ一台で両方の充電を保管していました。
それでもありない場合にオプションのモバイルバッテリーを申込みましたが実際はほとんど使っていません。

 

ちなみに、充電の持ちはレンタルした機器の当たり外れも多少あるはずです。
過去に何度かグローバルwifiでレンタルしたことありますが、バッテリーの持ちがメチャクチャ悪いなんてことはありませんでした。

 

日本へ電話する機会があるなら

まぁ、普通にプライベートな電話しかしないなら
ラインで十分ですが、仕事で電話する必要あるなど
きちんとした電話番号へかけたいケースがあるなら050PLUSを申込しておくのがオススメ

これならネット環境があれば日本の固定電話・携帯へ電話できます。
料金も海外にいるからと高くなることはなく、格安で日本へ電話できます。

 

グローバルwifiの返却について


無事に日本へ帰国したら空港カウンターで返却します。

特段手続きなど不要で、ボックスへ入れるだけでOKです。

くれぐれも間違って自分のスマホまで入れないように注意です。
また、レンタルした機器全部(コード類も)を返却しなくちゃなりません。

現地空港出発時にきちんと揃ってるか確認しておきましょう!

-クチコミ, 海外wifi

Copyright© 海外wifiレンタルガイド , 2019 AllRights Reserved.